先日から、向井理さんが好きだすきだって、言ってたら、友人つながりで、こんな方はどうかしら?ってこっそり教えられた人がいるんです。
向井さんには悪いけど・・・。

似てる方っていうのは、こちらで名前を明かすのはちょっと秘密にしておこうと思ってるんですが、どうやら雑誌にも何度か掲載されたことのあるセクシー系俳優さんなんです。
ほんと、最近のネットっていうのは、ほとんどどんなことでも調べられるようになっているみたいで、その方に教えてもらったセクシー俳優さんのこともかなり詳しく調べることができました。

結果、良かったのか悪かったのかは、よくわかりませんが、この調べたことが本当であれば、すごいなと思うし、こんな方が世の中にいるんだっていう驚きで、実はここ数日間、1人で悶々とその方の事を考えています。

夫には悪いけど、もう完全に恋しちゃってるんじゃないかなっていうぐらい、この方のことが一日中気になって、おかしくなりそうですね。なんて・・・。

夫には当分の間、隠していようと思っていますが、いつばれるか、ハラハラしてます。

まぁ、この方にお会いすることはないと思うので、私の一方的な過剰な気持ちだけなんですが、どうしても誰かに伝えたくて、ここに書いてしまいました。

夫がこの方なら・・・なんて夫には言えません。
夫にも夫のいいところがあるはずなんですが・・・。

そういえば、去年の夏もこんな現象があったのだと思い出しましたが、今回もまた私の中でかなり大きな衝撃を受けた俳優さんが現れまた。

現れました、というか二度目なんですけどね。
俳優さんだからいいものの、実際に接した人であれば、元カレみたいな格好になるので、なんというか余計に思い入れが激しいのかもしれません。

去年の夏に衝撃を受けたのは、斎藤工さんでした。
世間では認められてない役どころなのに、肯定してしまいそうになる、役どころで、私は途中からみたのですが、そのセクシーさに忘れかけていた何かを取り戻したような気分になったものです。

そして、今回は向井理さん。
演技もさることながら、彼のコメントなんかを聞いたりしていると、なんだかそのイメージとかけ離れていて、だんだんファンになることから離れてしまってたんです。

私は結婚して思うけど、もちろん俳優さんだから夢を売るっていうのを大切にすることも必要なのかもしれません。
福山雅治さんのように、とってもファンを大切にして、未だ結婚されず、いつまでも格好良く活躍されてる方もいらっしゃいます。

でも、結婚したからこそそのよさが出る俳優さんもきっといるとは思うんです。
だからこそ、最近になってたくさんの人気俳優さんが結婚をされていくんでしょうね。

先日のドラマの視聴率が予想より悪かったようですが、それはきっと彼の結婚でもないことを願ってやみません。
そして、そんな噂に惑わされずに、それであるからこそ、もっと演技に集中してほしいです。

 

もうすぐ、また某通販サイトでお買い物セールが始まりますね~。
ちょうど、あと一週間ぐらいだから、今からセールまでの間にほしい物リストでも作ろうかと思ってます。

やっぱり、欲しい物リストを作ると、自分の欲求を制限出来たり、どれ位お金を使えるかが、はっきりする気がするんです。
ネットの前で無駄な時間を過ごすのももったいないですしね。

最近気になってるのは、おしゃれな人気ブロガーさんの間でも話題になっている「みんなの肌潤糖」です。

みんなの肌潤糖 楽天にもあるように、続けているだけでお肌がつるつるになるんだそうで、本当に気になります。

というのも、先日何気にお風呂から出てきたときに、夫からぼそっと言われたことが気になってまして・・・。

「なんか太った?」ってお腹叩かれながら聞かれたんですよね。
お肌とそれとは一見、関係無いようにも思いますが、男性って何歳になっても男性だというか、男性目線って忘れてないんだなぁって思ったんですよね。

いや、もう私に女を感じてないかもしれませんが、こういう目線で見られてるんだと思うと、逆にさりげなく頑張らないといけないかなって思ったんです。

私は子育て真っ盛りで、そりゃ最初の一年こそ、睡眠時間との格闘でお肌のお手入れまで時間をかけれなかったかもしれませんが、今は少しは余裕は出てきたので、みんなの肌潤糖でがんばろっかな~って思ってます。

人って意識するかしないかで、簡単に変わっていけるものなのかもしれません。

つい先日までは、ドラマにどっぷりはまっていた私が、最近ではドラマ<<<ニュースになっているんですから・・・。
もちろんドラマは今でも好きです。
でもね、見たいドラマはあるけれど、時間がそれに追いついていかず、録画ばかりが増えて、容量が追いつかなくなったので、最近泣く泣く諦めました。

主婦になって、子育てしてると、社会とのつながりなんてないなぁ、なんて以前は結構自暴自棄になっていたこともありましたが、先日の事件以来でしょうか、もっと世界に目を向ければ、こんな私でも何かできるかもしれない、と思ったのが始まりです。

もちろん、自分の子供は大切だし、子育ては今私の生活の中で何よりも大切なことなんですが。
子育てしてる私だからこそ感じられるものってあるんですよね。

よく芸能人はある程度売れたら、役柄の幅を広げるために結婚する、なんていう記事を見かけたりしますが、それに近いなぁって思ってます。

まぁ、芸能人の方々と一緒にするなんて、おこがましいんですが、やはり子どもが生まれると感じ方が微妙に変わるんですよね。

多分、独身だったら、今現在にかなり重視して考えると思うんです。未来とか将来って三年後、せいぜい五年後が限界かなと思います。

でも、子どもができると、この子が成人する頃、とか結婚して私に孫ができる頃とか想像してしまうんですよね。

その時に、子どもに「誰がこんな世の中にしたの?」と怒られたくないな、絶望させたくないなって思ったんです。

私一人の力ではどうにもならないけれど、知ることって大切だと思うんです。
その一歩として今はコツコツニュースを見てます。

 

ここ、数か月ぐらいでしょうか、私とっても器、食器にはまっていて、素敵なブロガーさんが世の中には本当にたくさんいるので、その素敵な料理写真を見ては毎日素敵だな~って憧れをもっていたんです。

私は平日ほとんど家にいるし、毎日するのはお料理で、その時間は大変だけど、写真を撮ったり、素敵な食器があるだけで、気分がアガるのではないかなと思って、最近少しずつ集めるようになりました。

中でも最近購入した、イッタラのカステヘルミはとってもお気に入りです。
一件どこにでもありそうなキラキラした食器なんですが、やはり光に当たったらその輝きは他の食器には出せない輝きを放つようです。

そして、写真でそのキラキラ加減を素敵に写せるかも、また腕の見せ所なのかもしれません。
最近ではスマートフォンも機能が上がっているので、とっても素敵な撮影ができるんですよね。

友人の何人かは、インスタグラムっていうTwitterの写真バージョンのようなアプリを楽しんでいるそうですが、そこにもちょっと調べれば、沢山の素敵なお写真がアップされています。

私、なんでもそうなんですが、初めはどっぷりのめりこんで、だんだん飽きちゃう、熱しやすく冷めやすいタイプなので、今回の器集めも、また一時のことになりそうな予感もするんですが・・・。

でもお料理は毎日作るものだし、器の加減でおいしさもアップするので、これからも続けていきたい趣味です。

先日、夫に渡したチョコレート、無事口にしてくれたみたいです。
「こんなにもらって悪いわ」、「来年からはもういらないから・・・」なんていってたんですが、これって絶対照れ隠しだろうな~って勝手に思ってます。

そう確信できたのも、その後、夫のウンチクが始まったからです。
今回は、本人も欲しがっていた、とっても素朴な板チョコを渡したのですが。

チョコレートは、一週間に何百グラムかを、食べ続けると、糖尿病だか高血圧高を予防できるんだよ、なんて言ってました。
まぁ、私も裏覚えなので、なにを予防できるのかちゃんと聞けてません。

今の私にはその内容よりも、夫が内心は喜んでいるのに、それを言葉ですべて隠してしまったところが、なんとも言えない彼のひねくれ具合を物語ってるなぁと思って、逆にきゅんときちゃったんですよね。

完全に今日はノロケですけどね。

最近、思うんですが、喧嘩やイライラを相手にぶつけることができるのも、平和や健康な証なんだろうなって思うんです。
本当に、辛くなったら、そんなことできる状況じゃないだろうし、どちらかが、いなくなってしまえば、それをすることすら物理的にもできない状況になるんだよなぁ、って思いなおしました。

極限状態をイメージすることで、今がどれだけかけがえのない時間で、お互いがそうであるのかを実感できるような気がしました。

昨日の「風立ちぬ」はかなり楽しみにしてた番組だったので、子どもを早く寝かせて、ママ業が終わってからは、ゆっくり見れたんです。

私の家はリビングと寝室が隣同士でくっついているので、リビングで、テレビの音を大きくすると子どもが起きないか、心配でなかなか大きな音にできないのですが、寒い冬のことで、エアコンもかけているし、テレビの音量も大きくせざるを得ない状態でちょっとイライラしていました。

結局、エアコンを一番最小で動かしてテレビの音量も一番小さくしたのですが。

そして、「風たちぬ」の感想ですが。
難しいですね、感想って改めて書くとなると・・・。

でも、私は、期待してるほどじゃなかったなぁ、というか残念だったなぁといった感じです。
ちょうど一週間前に向井理さん主演の「永遠の0」を見たことも大きかったのかもしれません。

宮崎さんは百田さんの作品をそういえば、批判していたけれれど。
アニメって、小説よりも、作り手の意図がはっきりわからない形、ちょっとぼやかした感じにしていても、立派な作品になりえるからいいなぁ、と思ったり。

いや、私がアニメを見る目が単純にないだけなのかな、とも思いますが。

私が、一番残念に感じたのは、堀辰雄の「風立ちぬ」をこんな感じで使われてしまったことです。
そして、引退作ともなれば、もっと強いメッセージ性があるのかと思っていたのですが、一度だけみた私にはそれほど強いものが感じ取れなかったんですが。。。

いや、それは私の感受性の問題かしら?

先日、夫が少し休みがもらえた日に、子どもを夫にみておいてもらって、久しぶりに友人と女子会してきました。

いや~ほんと、お正月明けから全く一人時間をもらって外出するなんてしてなかったもんで、久しぶりにいろんなことを話せてとってもリフレッシュできました。

私は特別に、結婚が早かったわけでもなく、世間でいう平均年齢位で結婚した部類なんです。
もう三十代も半ばに差し掛かってるんですが、先日会ったこの女子会に来てた友人たちは、ほとんど独身なんですよね~。

結婚して、出産した私とそのほかの独身女性たちの話の内容ってかなり違うんだな~ってちょっと疎外感を持ったのは初めだけでした。

初めは、久しぶりすぎて、私の日常とは全く違うから、驚くやら呆れるやらでした。
実際のところ、以前は本音も打ち明けられた友人に対して本音を打ち明けられなくなっている自分を残念に思ったりしました。

でも、それも初めだけ。
彼女たちの話はとっても刺激的で、例えば、私が結婚せずにあのままの生活をしていたら今、どうなっていたかということが彼女たちの言葉から少し垣間見れた気がして、だんだん面白くなってきたんです。

彼女たちは、結婚したいのだけれど、同い年やそれ以上の年齢で素敵な男性とはもうご縁がないようで、今は気の進まない年下の男性との気まぐれなデートをしているとか・・・。

そして、そんな独身女性の間で噂になってたのが、パートナーエージェント。
私もその言葉が何なのかよくわからずに、たどりついたパートナーエージェント 口コミ で、それが何のことなのかわかりました。

次彼女たちに会う時はもっと素敵な男性に巡り合って充実した生活を送っているお話が聞けるかなって期待してます。

先日のスペシャルドラマ見てから、今まで以上に自分や家族の過去とか将来についてとか、考えちゃうようになりました。

そういえば、そのドラマの記者会見で「演じる方もそれなりに大変でしたが、視聴者の方々も、見るのは結構体力を使うかと思います」といったようなことをおっしゃっていました。

確かに、そうなんですよね~。
なんか、こんなにドラマ見て泣いたの久しぶりだったし、それだけ、今は自分がいろんなことを知ったから、っていうのがあるのかもしれませんが。

あまりこういう気分をひきずるのもよくないのかなって思ってますが。
でもまた、明日、ジャストタイミング?なのかアニメが放映されるんですよね。

宮崎駿監督の引退作って言われてる「風立ちぬ」。
実はこれも、私はまだ見たことありません。
だから、また見た後にゆっくり語れたら語ろうかなと思っています。

ただ、わかってるのは「堀越二郎と堀辰雄に敬意をこめて」っていうサブタイトルです。

先日の「崖の上のポニョ」を子どもと一緒にみてても思ったんですが、震災後にみるからか、どうも背筋が寒くなるというか、凍りつくシーンが多々見受けられて、見た後、なんとも言えない微妙な気持ちになりました。

だから、宮崎さんのアニメって子どもが見ても楽しいんだろうけど、楽しいだけでは終わらせられない何かがあるんですよね。

以前、「もののけ姫」を劇場に見に行ったんですが、その後に映画雑誌で外国メディアが酷評してたという記事を見て、腑に落ちなかったんです。

海外ではアニメってディズニーに代表されるような、夢を見せるのが主流だからなんでしょうね。
今ならわかるけど、あの時はそれが分からなかったです。

 

先日の、バレンタインのお話なんですが、私通販で頼んでたチョコが届かないって書いてたんですが。
それに気づいたのが14日なんです。

他の物と一緒に頼んだんですが、他のものは14日に送られてきたのに、肝心のそのプレゼント用のチョコが届かなかったんです。
こんなこと、あまり体験したことなかったんですが、かなり焦りますよ~。

で、メールをくまなくチェックしたら、なんと、私が頼んでたチョコレートは人気商品で、在庫がなくなり、メーカーも在庫を切らしたので、キャンセルとなりました、っていうお知らせが届いているではありませんか!

なんというか、ほんとうにそこからは、ぐったりきちゃいました。
間際に頼んだ私が悪かったのかもしれませんが、メールってチェックしていないとこんなことになるんだって思い知らされました。

もう14日に渡さなきゃ意味ないのかな~なんて思いながら、でも、チョコレートって年々同じメーカーでも味が変わったりするし、特徴も変わったりするって聞いたので、少し遅くなっても、身内なのでいいかな~って思いなおしたので、また、在庫のあるお店をかたっぱしから、探しました。

それでも、結構どこのお店も、売り切れとかが続出していて、なかなか同じチョコレートを探し出すのは至難の業でした。

通販だと送料の問題もあるので、あっても、送料がとっても高くて諦めそうになったり。

なんとか、送料がリーズナブルにしてもらえるところが見つかったので、そこで購入でき、やっと先ほど手に取ることができました。

これから、簡単なラッピングして、渡そうと思います。
遅れたことを逆手に取れるように、十分なメッセージを添えようと思っています(笑)